館長略歴

晃正流空手道宗家

晃正流空手道 錬武館本部 館長

国際防具付空手道連盟 理事長

関東防具付空手道連盟 会長

埼玉県防具付空手道連盟 会長

世界空手道推進協議会 最高顧問

元 東京都防具付空手道連盟 理事長

元 全日本空手道連盟 理事

範士 公認八段位  全国審判公認指導員

体育指導委員・検定員

平成25年 6月 経済産業大臣より感謝状授与

平成27年11月 東久邇宮文化褒賞・記念賞授与

フィリピン・ナショナルチーム 最高顧問

空手道審判協議会 顧問

簡歴

小学生から空手道を始める。

高校生で県代表選手となる。( ※当時高校生では初 )

高校生現役時代では高校生空手道普及(高校総体競技種目参加)のため高体連の命を受け、当時、高体連・事務局長 故 亀井 功先生とともに各県連を巡回した。

出身道場は青少年育成に寄与した事により、空手界で初の文部大臣賞を受賞した。

東京都代表選手、実業団代表選手として全日本空手道選手権大会・全日本実業団・関東甲信越大会・関東大会をはじめ、寸止め・防具付各大会にて優勝・入賞歴多数あり。

国際大会 日本チーム監督等歴任、海外指導経験多数あり。( ※国の要請によるもの )

過去10支部道場を運営していたが、指導の成長が認められた為、それぞれ独立させた。

信念・・・『 空手も出来る人となれ 』

inserted by FC2 system